Seijuの部屋 − 加藤聖樹の占いセラピー −

聖樹のDiary
<< 2015年は私に取っては激動の一年でした。 | main | 立春が過ぎ、いよいよ新しい年の始まりですね。 >>

迎春¥xF8沚¥xF0年12月7日に、ヤフーのメルマガに掲載されたセイジュのコラムの原稿です。

〜好きな人を振り向かせるには〜

恋愛とは、出会いによって芽生えた「恋」が育ち、やがて「愛」に変わっていくものです。
よく、「恋」という字は下に心があるので「下心」、「愛」は真ん中に心があるので「真心」、と言いますが、一方通行だった「恋」を、2人の心が通い合う「愛」へと変えていくためには、この「真心」――つまり、見返りを求めず、素直な心で相手を思いやる「無償の愛」が何より大切だと思います。

しかし、芽生えた「恋」が、いつの間にか、「相手のすべてを手に入れたい」「相手を自分の思い通りにしたい」という“所有欲”や“執着心”になってしまうことがあります。
そうなると、だんだん相手に対する自己主張が強くなってきて、相手から距離を置かれるようになってしまう……そして、相手が離れていくことに焦り、ますます「気持ちを取り戻したい!」と執着心が芽生えていく……という悪循環を生むのですね。
ちなみに、よく対面鑑定でも「好きな人から愛情が感じられなくなった」「どうしても別れたくない」といったご相談をいただきますが、タロットを展開していくと、「所有欲」を表す「ペンタクルスの4」のカードが顔を出すことが多いものです。

人それぞれの好みもあるでしょうが、やはり男性というのは、母性豊かで、自分に愛を与えてくれる「母親的存在」の女性に居心地の良さを感じる人が多いようです。また、心根の優しさを持っている人、何か得意なことに夢中になれる人など、男性から見て“尊敬できる”女性に、魅力を感じるという男性はとても多いです。

好きな人を振り向かせたいなら、まずは相手に対して、所有欲や執着心からくる“身勝手な振る舞い”をしていないか振り返ってみること。そして、素直な心で、相手の立場や状況を思いやり、尊重し、「真心」を持って接することです。
これがきちんとできている限り、いつか必ず、相手があなたの愛に気づいて、振り向いてくれる日は訪れますよ。
あなたの恋が実りますように!←・・ホームページにも、載せてもらう様にしましたが、是非宜しくです。・・・今私は明日から始まります、恒例新春初占いのイベントで九州は大分別府に向かっています。今年は駆け足で時を駆け抜けそうで、気持ちも、体力も、精神力も、コンビネーション良く動いていきたいです。大切な母から学んだ色々な気付きを、還暦の年に丁寧に悔いないように、仕上げていきたいです。人生のテーマである不思議学も、生きている限り永遠に学びです。パワフルに行動していきたいと思っています。ご縁ある皆様が、より良い、素晴らしい方向へ向かわれますように、アドバイスできれば幸いです、今年も宜しくお願い致します。 

加藤 聖樹 | -
PROFILE
数理運命学、四柱推命、西洋占星術、タロットなど幅広い知識で、人の悩みと問題に「占いで癒しと解決を!」を理念として日々悩める多くの人を癒しつづけています。
CALENDAR
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ARCHIVES
MOBILE
qrcode